管理栄養士のダイエット ReformDietetics

ダイエットについて

ダイエットする為に
   
知っておきたいこと
なぜ太るのか?
   肥満のメカニズム
   肥満の合併症
   まずは自己分析
   ケーススタディー
ダイエットの方法
   具体的には?
   食材の選び方
   調理の工夫
   献立の工夫

バランスの良い食事
お勧めレシピ集
管理栄養士とは
松本の取り組み
栄養指導


リンク集
掲示板
ダイエット製品紹介

お問い合わせ

ReformDietetics


cover
プチ断食ダイエット
おもいっきりテレビでおなじみのいしはら先生の
著書

その他のダイエット本

断食系ダイエット 〜食べなければ痩せるという幻想〜

  断食プチ断食ダイエットファスティングダイエット
様々な"断食系"のダイエットがありますが、これらはいかがなものでしょうか?
どれも、食事を抜く事で、消化器官を休めて、体内にたまっている
老廃物を出し痩せる

というのが基本的な考え方のようです。

それでは、巷で話題の断食系ダイエットについて解説します。

断食
施設で行ったり、水だけ飲む、砂糖水のみ・・・・など。
様々な断食方法があるようですが、基本は同じ極端な食事制限

プチ断食ダイエット
ルールは、朝食を抜いてしょうが紅茶を飲む。
これを1日4〜6杯飲む。あとは昼食、夕食は好きな物を好きなだけ食べて良い。
しょうが紅茶によって体を暖め、体内の水分や老廃物を排泄する事が出来る。
というものだそうです。

しょうが紅茶のつくり方
紅茶
しょうが(すりおろし、チューブのものでもOK)
はちみつか黒砂糖 
関連記事:プチ断食の定義

ファスティングダイエット (ファスティング=断食)
3日間、野菜や果物から作ったフレッシュジュースのみを摂り、
消化器官を休息させて、代謝を高める。
その上、脂肪も燃焼させ、解毒作用もある・・・というもの。

管理栄養士としての疑問
以上がそれぞれの特徴なのですが、しょうが紅茶は冷えを改善する点では良いと思います。

しかし、体を暖めたからといって脂肪が燃焼する事と直接つながりはないと思いますし、あと2食を好きな物を好きな物を好きなだけ食べても良いというのですが、

果たして効果があるのでしょうか??

味もよくない様なので、朝空腹時に飲んで、気分が悪くなる人もあるようです。
紅茶はコーヒーよりもカフェインの含有量が多いので、空腹の胃に刺激を与えてしまうと考えられます。
反動で、あとの2食を食べ過ぎてしまう人や逆に拒食気味になって体調を崩す人もいるようです。

食事を抜いて摂取エネルギーを減らせば、体重が減るのは当たり前です。

ですが、それは脂肪が燃焼したのかは疑問ですし、元の食事に戻せば体重もあっという間に
元に戻ってしまいます。


そして元に戻ればまた断食・・・・・。

こんな事を繰り返していくと、筋肉は落ちるばかりで脂肪ばかりが増えていき、
どんどん痩せにくい体質になってしまいます。おまけに骨ももろくなり、挙句の果てには生理が止まる。
なんてことも考えられます。

ですので
、断食といった修行の様な行動をするのは大変危険です。危険としか言いようがありません。
体を壊してからでは遅いのです。

『3食きっちり食べましょう』と言っていますが、なにも食欲のないときに無理して食べる必要はありません。

自分の体調、食欲、許容量に合わせた食生活

・つまり自己管理がきっちりと出来るようになって欲しい

・情報をうのみにせずに正しい判断が出来るようになって欲しい


と、私は考えています。

プチ断食ダイエットをもう少し考えてみる・・・
プチ断食ダイエットは『朝食を抜く』というダイエットの基本的な考え方を覆す、いわば掟破りの考え方です。

しかも起きてすぐの、しょうが紅茶は”食事”としてではなく、
ダイエットの”補助食品”的役割だそうで、
はちみつや黒糖の糖分は脳のエネルギー源になるので、
仕事や勉強には差し支えないとうたっていますが、空腹状態で午前中を過ごす事は仕事や勉強に差し支えないのでしょうか??
紅茶に含まれているカフェインやしょうがの成分には消化を促す成分がありますが、空腹時に飲んで胃腸に負担はかからないのでしょうか??

あとの食事をバランスよいものを選んだり、鉄分を含む食事をえらんでも、紅茶に含まれるタンニンは鉄分の吸収を阻害してしまいます。
ですから、食前や食事中に飲むとせっかく摂った鉄分もあまり吸収されませんし、貧血を招く可能性もあります。
朝食は1日の活動エネルギーとして大変重要です。

朝食を抜く事は、私はおすすめできません。


大丈夫ですか?そのダイエットへ戻る
Copyright (C) 2003 Rika Matsumoto All rights reserved. 無断転載・複写を禁じます