エフェドラ

管理栄養士

関連サイト:厚生労働省発表

エフェドラとは? bookmark

エフェドラとは、中国では『麻黄(マオウ)』と呼ばれ、漢方薬として咳止めなどの効果があるとして処方されていました。
その副作用として、動悸や食欲不振等の症状があり、これを逆手にとって、アメリカのダイエット業界が目をつけて、ダイエットサプリメントとして製造・販売され始めました。
アメリカでは食欲抑制や基礎代謝の向上・運動能力の向上等の効果があるとして、一躍話題のサプリメントになり、日本でも個人輸入で手に入るようになりました。
しかし、それ以上に苦情や健康被害が多く寄せられ、アメリカでは164人にものぼる、エフェドラ服用による死亡例が報告されています。
また、躁状態になったり、幻覚症状や妄想といった、精神的被害の報告も寄せられています。

まとめ bookmark

日本でもダイエットサプリメントが多く販売されており、興味のある方が多いと思いますが、きちんと成分を把握した上で購入していますか?
『飲むだけで痩せる』という言葉に飛びついていませんか?
エフェドラ』もそうであるように、『ハーブだから安心』という訳ではないのです。
現在発売されているサプリメントの中にも、こういった危険を秘めている成分がまだまだ出てくるかもしれないのです。

健康を害してまでも痩せたいですか?

健康になるためにダイエットをすると言う、本来の目的からかけ離れているように思います。
サプリメントに頼らず、きちんと食事をして、正しい方法で健康的なダイエットをしてほしいと思います。

大丈夫ですか?そのダイエット