ゾーンダイエット

管理栄養士

関連記事:炭水化物抜きダイエット低インシュリンダイエット

糖質をカットすることによって、インスリンの急激な上昇と下降を抑え、糖質が必要以上に吸収されることを防ぐことによって肥満を防ぐという方法です。
今回は、アメリカで考案された数ある低インシュリンダイエットの中から、ゾーンダイエットと言うダイエット法を紹介します。

ゾーンダイエットとは bookmark

アメリカの生化学者であるバリー・シアーズ博士が考案したダイエット法です。日本でも『食事革命 4・3・3ダイエット』と言う名前で訳本が出版されています。
ゾーンダイエットは、他の低インシュリンダイエットと同様に、肥満の原因は糖質(炭水化物)のとりすぎが原因であると言う根拠で考案されたダイエット法です。ただ、糖質自体を諸悪の根源と言う見方をするのではなく、食事のバランスを変えなさいと言う指導を行っているあたりは、他の低インシュリンダイエットと一線を画す部分であると思います。
医食同源と言う言葉がありますが、シアーズ博士はゾーンダイエットをすれば食事は立派な薬になると言う言い方をされています。

ゾーンダイエットの方法 bookmark

ゾーンダイエットの方法は、炭水化物、たんぱく質、脂肪の摂取バランスを整える方法で行います。
除脂肪体重から特別な方法で算出した、たんぱく質の摂取量の割合を元に、炭水化物を4、たんぱく質を3、脂質を3の4:3:3の割合で摂取すれば肥満を解消するだけでなく、病気に強い体を作ることが出来ると主張されています。
シアーズ博士の実験によると、この4:3:3のバランスでの食事はエイコサノイドと言う局所ホルモンのバランスを整える効果があると主張しています。エイコサノイドには悪玉と善玉が存在し、このバランスが崩れるとあらゆる病気の原因となると言われています。

他の低インシュリンダイエットゾーンダイエットの相違点 bookmark

他の低インシュリンダイエットや、炭水化物抜きダイエットゾーンダイエットの相違点は、糖質のカットの方法です。糖質のとりすぎが原因でインスリンの急上昇と急降下を招き、肥満の原因となると言う主張は他の低インシュリンダイエットと同様です。しかしゾーンダイエットでは、糖質不足はグルカゴンの分泌量が増大するため、ケトーシスの様な異常代謝を招くと危険視しています。
低インシュリンダイエット提唱者が口を揃えて主張する効果のポイントである、ケトーシスは良くないと主張されているのが最大の相違点です。

ゾーンダイエットについて考えること bookmark

ゾーンダイエットは、その他の低インシュリンダイエットとは違い、むやみに糖質をカットしない点が、栄養学的にも好感が持てます。ただ、栄養素の比率に準じた食事をする事が難しく、実行しづらいように思います。糖質・たんぱく質・脂質のマクロ栄養素の割合だけでなく、ビタミンミネラルなどのミクロ栄養素までもバランスを整えなければならないので、実践するには相当の知識が必要になります。
その為、『食事革命 4・3・3ダイエット』の中には、それらのミクロ栄養素をバランス摂取できるように早見表が付いています。
このゾーンダイエットの趣旨である、「バランス良く食事をする」と言う点はダイエットだけでなく、日々の食生活において大変重要な事だと思います。

関連記事:バランスの良い食事

ただ、ひとつ気になる点は、4:3:3のバランスが遺伝子的に最もいいバランスと主張されていますが、アメリカの様な肉中心の民族と、日本のような農耕民族ではこのような黄金比は変化するように思います。
一度参考までに書籍をご覧になってもいいかもしれませんね。